ひこばえの療育
ひこばえの療育
  • 一人ひとりの発達の段階や特性にあわせた支援
  • 家庭との連携と家族支援
  • 遊びや生活に根ざした支援
  • 地域、関連機関との連携を重視した支援
ひこばえの療育
ひこばえの療育
ひこばえの療育
全国児童発達支援協議会では、「発達支援とは、障害の軽減・改善という医学モデルの支援にとどまらず、地域・家庭での育ちや暮らしを支援する生活モデルの支援を重要な視点としてもつ概念である」としている。
定義は、「障害のある子ども(またはその可能性がある子ども)が地域で育つ時に生じるさまざまな課題を解決していく努力のすべてで、子どもの自尊心や主体性育てながら発達上の課題を達成させ、その結果として、成人期に豊かで充実した自分自身のための人生を送ることができる人の育成、障害のある子どもの育児や発達の基盤である家庭生活への支援、地域での健やかな育ちと成人期の豊かな生活を保障できる地域の変革を包括した概念」としている。
ひこばえの療育
ひこばえの療育
言語聴覚士・音楽療法士による個別指導を行っています。5歳児を主に行っています。また、クラス毎のクラス活動にも取り組んでいます。
ひこばえの療育
ひこばえの療育
ひこばえの療育
ひこばえの療育
5歳児は、就学を意識した「さくらぐみ」というグループ活動を行っています。クラスを超えて色々な人間関係を体験し、社会生活の基礎を遊びのなかで培います。
ひこばえの療育
ひこばえの療育
家族にとって、幼児期は子どもの支援についてどのようにしていくかを考える時期であり、支援を実際に具体的に進めていく時期です。
また、将来の自立に向けた就学先の選択、家族プランの再構築等重大な決定をしなければならない時期でもあります。そこで、障がい受容へのサポート、幼児期の発達の理解・具体的な支援の内容などを話し合いながら、保護者と一緒に進めていきます。
他の保護者との会話が出来る場の設定や勉強会をはじめとする情報の提供などを行っていきます。

子どもの健やかな成長のために、ストレスが多い幼児期の保護者への心のケア・育児支援・保護者の気持ちに寄り添った相談なども積極的に取り組んでいきます。
ひこばえの療育